2013年07月03日

これ今更だけど。稽古はじめの頃に綴ったものだけど、でも気持ちあんま変わってないから、載せる。どっかに書いたのもあるかもやけど。

image.jpegimage.jpeg

お芝居をする時、演出家や現場メンバーとの共通認識を得るのが、とてもとても心地よいし、とてもとても大事だと思うのです。
私はどちらかと言えば柔軟に、良くも悪くも流されていくほうだと思うのだけど、いやそんなこと言って、根は頑固だとも思うのだけれど、これだから演劇は面白いし、役者は面白いのです、私にとって。
演出家の世界観を、理解したいし、やってみせたいし、楽しんでもらいたいし、唸らせたいし、期待に応えたい。
そしてもちろん、私自身が楽しみたい。
そしてそれが、お客様に楽しんでもらえるものになることを信じて、突き進むのです。

もしも私と演出家の意見が、例えば全く同じ考えにまとまらなくても、私は良いんじゃないかと思っていて、それだったら、違う、ってことを、理解したり、尊重したり、衝突したり、しながら、ベストと呼べる何かを探したいし、役者は結局、何かしらの結果(例えば、演出家が良しとする結果)を見せれなきゃと思っていて、結果が見せれればアプローチはそれぞれで良いとも思っていて、もしも意見がぶつかった場合、最終的には私は、私の判断ではなく、演出家のやり方や判断に従うのはもちろんだと思っているのだけど、(それが、私がいろんな演出家さんと演劇を作る理由であり魅力の一つだと思っているのだけれど、)もしも稽古の良い段階で、納得できないところが出てくれば、私は私自身が納得できないと自信を持って生きにくいので、そういうところはしっかり潰して本番に臨みたいと思っていて…、つまりはコミュニケーションだな。
演出家とも、役者間も、現場全体でも。
演劇はコミュニケーション!
あと、やさしさ、おもいやり、なんか全部だ。
…複雑なようで、とてもシンプルな気もしてて…、でも十人十色だし、その人本人になれるわけではないから、結局は私なりにしか理解できてないのだけれど、それでも同じ方向を向いて進んでいきたいと、それがとても大事なのだと、そう望まれているし、そう思っているから、自信を持てるわけで…。

それぞれのことがわかると思ってる、けど、何もできないようで、歯がゆい。切ない。

憲明さんは、私にとって、とても話せる演出家さんで、とても有難く、とても面白い。
私は日本語ヘタなのだけど、いろんなこと深くは考えてないのだけど、憲明さんは、私の言葉を、正しく読み取ろうとしてくれるし、丁寧な細かい言葉で、表現で、説明しようとしてくれる。(ま、実は稽古が進むにつれて、最近はあんま話せてない気がするけど。)
私自身は、すごく真摯にお芝居に向き合いながら、役者のやるべきことを考えられて、本当にとてもとても有難いし、楽しいぢゃ。

先は長い。(いや、もう、そうでもない。)

この先、私自身も、みんなも、まだまだ悩んだり迷ったりきっとするんだろうけども、『SOLID』2013年メンバー、がんがっていきまーすっ!!!

ってことで、

私は、私のやるべきことはやった上で、自分の生活に足りないものをもっともっと欲張りに求めたくて、興味が尽きない限り、性格が変わらない限り、私はもっと、いろんな角度から、現場メンバーを知る努力をしていくと思う、これから一ヶ月。って、思っていたんだけども…
でも最近は、私に対してのイジメが発生しているわ、切ないわ。。
おしり蹴られたり、私だけ(じゃないけど)飲みに連れてってもらえなかったり…泣。
カナメちゃんやらユウヤンやらに、めんどくさがられるの。。
今日なんてヒラちゃんにまで、そっち側につかれた気がするわ。
ジュリちゃんは、もともとですからもう慣れっこです…。

ってことで、なんとも幸せな現場ですわよ、ハイ!

今日は、男子どもと、腕相撲とかしたよ…!小学生かっっ

私、負けないわ…!!!
posted by 七味まゆ味 at 04:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 七色生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。