2013年03月01日

初心を思い出しつつ深めつつ。

130226_0857~010001.jpg

写真は、先日、青年座の森さんが作ってくれたご飯。(料理できる人って、本気で素敵!)

発情JC、東京公演は、残すところあと3ステージ、あと2日のみになりました。
とにかく、味わいたい。
粋な野郎どもを。

私、今日のアフタートークでは、よくよく考えた上で、オクティビアヌスが好き!って言ったのだけれど、もうすでに、やっぱ魅力的な野郎はどうしてもアントニーじゃないかと思っちゃってるなうだなぁ。。
こんな野郎を生きられて、幸せだなぁ。

楽屋トーーーク!

先日、登場人物の誰が好みかって話になったのですが、本当に私は誰が好みかわからなくて、
『七味は基本的に興味が無いからねー(いろんなものに)』、って言われて、

まあそうとも言えて、

私、最初は、自分の役ってこともあり、アントニーが好きだったんやけど、ちゃんと考え直し、『アントニーはカッコヨイと思うけど、好きにはなれない』という結論を導いて、
だって、底知れない魅力的な野郎にはどうしても惚れたくなっちゃうけど、わかりやすいプレイボーイなんてヤだし、

その次には、私は、自分の性格はブルータスに近いんじゃないかと思って(つまり、ちゃんと正義を考えてて真っ直ぐなとこが。)、男としてもブルータスみたいな情け深い熱い野郎が好きだ!と思ったけど、

でもそしたら、楽屋メンバーが、『七味は物事に興味無いからオクティビアヌスじゃない?』って言われて、きっと私は、私に近い、オクティビアヌスが、好きだなぁと、思ったのです。
頭良くて、一番人情が無さそうで、好き。(私は頭良くないけどー)
私、一緒にいて疲れない人、各々で自由に過ごせる人が良いのです。

まあそうなると、性格的にはブルータスとは真逆になるんだろうが、近くにいる人がそういう印象ならば、それが正解なのだらふ。

いやっ、私はきっと両極端をどっちも持ってるんだと、思うなぁ。ホントよ。
要領悪いしマイペースで自由だから、興味無いようにも見えちゃうだけよっ。
素直に生きてるだけやもん!!

でもやっぱり、終わりが近付いてくると、アントニーが愛しくなっちゃう。。
私は、やっぱどっかでくえない野郎なんだろうし、やっぱどっかでくえない野郎にこそ私自身が魅力を感じてて、だからこそ、発情アントニーは、こういう野郎になったんだろうな、って、改めて思う。
もちろん演出もありますがー。

明日も、粋な伊達男を全うし、市民も観客も惚れさせてやらあっ(≧∇≦)!!!
posted by 七味まゆ味 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 七色生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/337510083
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。