2013年11月12日

久々に、例えば坊主頭になりたい。スキンヘッドでも良い。つまり、ちょっと、飽きてきたみたいー

-->
-->
-->
-->
image.jpeg

友達から頂いたピーマン、稽古場に忘れてきたー(;_;)!

変化が欲しいや。
本気になれると判断した時はとことん本気になるしかない、嘘つかず。てかつけんし嘘。
そのタイミングは自分次第という、なんともワガママなスケジュールだが。
発見する理解するタイミングは、なんともマイペースだ、他人から何かを教わろうなんて、はなから思っちゃおりませんし。
可愛くない部分だし、もったいない部分でもあるだろう。
相手を尊敬しつつも、他人は他人、己は己、違う人間だということを、ハッキリ理解しちまえてる。

自分の常識が、世界の常識でないだろうことを知りつつ。
自分の感覚や思考が一般的ではないかもしれないことをわかりつつ。
それでも、それを押し通して、他人にわからせる納得させる感じさせることができるなら、それは本物じゃないかと思っているようだ。
もしかしたら、それこそオリジナリティ。
当たり前の反応を求めたいとは思わないし、好みもあるし、常識にせよ非常識にせよ、計算して表そうとすることは難しいのだが。
別に計算しようとも思わないのだが。

私は、私の感覚を、70%は信じていて、あとの30%は、まわりに影響され、流され、助けられ、生きているんだわ、大きなことを言うと。
私は、それら全てに生かされているんだってこと、有難く感じている夜です。

当たり前の常識、当たり前の感覚を超えたもんに、私はいつも出会いたいのかもしれなくて、それこそ、私の生き甲斐ややり甲斐かもしれんくて、それに出会うために、私は私の生業を、今は生きている気がするなぁ、なんてことに、気付いたりする、夜。

いつも、軽々、何かを超えていたいな、自分の常識とか、世界の常識とか、を。

ボウズになったところで、何も変わらないのだけれどもさ。

あっ、
柿喰う客、ながぐつをはいたねこ、へんてこレストラン、どちらもUstreamでしか見れなかったが、相当に面白かった。
へんてこレストランは、初演だったぶん、面白さ倍増だったぁ。
柿喰う客と対峙する時の感覚は、なんでか他では味わえない特別なものです。
やつらの、気概やオーラには、否応なくあてられちまうものがある。
いい団体だなぁ、不思議。笑

さて、てがみ座『地を渡る舟』は、これすんごいもんになる確信が持ててる今日この頃。
自信と、怖さは、比例して大きくなっていくものだ。
プレッシャーに負けるわけにはいかん、それが私達演劇人。笑

戦いは、これからでげす。

お見逃しなく、乞うご期待。

最近好きな動画は、ペンタトニックス(の、特にダフトパンクの)と、スプツニ子!の生理マシーンってやつ。
なんだか、やけに、どちらも、柿喰う客を感じる、勝手に。笑
好きだなぁぁぁ

帰ったらファッションショーする。

明日も良い一日を!!!
-->
posted by 七味まゆ味 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 七色生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379978686
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。