2014年06月08日

『コロニー』終わりまして、『ビー ヒア ナウ』始まっておりまして、今日はオーフ!

image.jpeg


ネットの繋がり、また悪い。くそうっ

ずっと一緒にいるんだろうなぁと漠然と確信していた、その未来はすでに違っていて、人生とは、なんて無常だろうかと、たまーに思う、思い出す。
回避できたかもしれないことを、愛の無さだったのか、保身だったのか、己の弱さから、結局は、納得いくまで向き合えずに逃げたってことだろうか。
明日どころか、次の一瞬、いや今、何が起こるかなんてわからない人生ってのを既知していて、楽しむことと諦めることと両方の感覚が常に混在していて、

そんなんだけど、そんなんだけども、信じたいし、愛したいし、希望も、捨てたくないのだ。痛さは薄れないやね。それで良いね。

ホチキスと、赤鬼とを、観てきましたよー。

昨日は、虚構と猫ホテの稽古の後、大好きな森さん真澄さんとお会いして、舞台監督のシブヤさんとも初めましてで、悩殺ハムレットの時にユカちんが通ってた三茶のさんじゅうまるの方にご挨拶したら覚えてくれてて、みたいな、そんな幸せな一日でした。

ここ最近は、
大阪での、伊藤えん魔プロデュース『コロニー』が、いつのまにか始まり、終わりました。
関われて、とてもとても幸せでした。
みんなと過ごせた毎日も、舞台上で生きた時間も含めて、幸せでした。
お世話になってました、海老江での毎晩のことも。
海老駒という素敵な居酒屋で、大好きなタツエお母さんができたことも、いろんな人に、本当にお世話になったことも。
いつまでも、感謝。
皆さん、ずっとお元気でいてくださいね、また会いに行きます!!

さて、虚構の劇団『ビー・ヒア・ナウ』、本腰入れて、頭と体を使っていきますぞ。
あくまでマイペース、申し訳なく思いながらも、ちゃんと見通して自信を持っていかなけりゃならんぞ。と。
一期一会を、いつものごとく、大切に。
絶対に面白いものにすることで、感謝をお伝えするしかない、私は。
がんがります、どうぞお楽しみに。

猫のホテル『愛さずにはいられない』、ああ私は、本当に、こんなに素敵過ぎる座組に、こんなに関われていて、大丈夫だろうかと、いつ罰が当たってしまわないだろうかと、常にこわがっておる。怯む。
でもでも、いつか、なんて、無いのだ私には。
っていう意味合いのセリフ、その昔、あったよなぁ、あああ刺さる。
大切なのは、今だ、今しかない。
し、生き急がねば、欲張りな私に追い付けないし。すべて自分のため。シンプル

昔々のあれやこれやも、そんな昔でもないあれやこれやもちゃんと抱えて、けれどきっと私は、基本何も変わらずに変われずに、生きていて、くだらない神頼みしかできないのだけれども、口だけだけれども、どうか守ってください、天の神様、仏様。
じゃなければ、つらい試練を与えられるが良いさねっ
悲劇のヒロインを人生で演じる気になれば引き受けられる、という覚悟は、今ならできるんだが、すぐに挫けるだろう、はは

ホチキスは、お客様から愛される劇団だなぁ、すんごく愛おしい舞台で、素敵だった。

『赤鬼』は、おのでらさんが可愛くて愛おしくて、時生くんが可愛くて素敵で、レヲが可愛くて男だった。
アンサンブル3人の働きが、ものすごくものすごく、素晴らしかった。脱帽。尊敬。拍手。
私の位置からは、レヲを大堪能できて、満足!

そして実は、私が一番はじめに『赤鬼』を観たのは、高校生が県大会で演じていたもので、ものすごく感動したのを思い出した。
はじめて観る時の衝撃って、すごいんだなぁぁぁって、改めて思った。
そして、良い役者って、全く年齢じゃないし、私はまだまだガキんちょでいたいような、いや成長したいような、っていう、ああこの曖昧さが、私なんだな何時も、と、思うのである。自己分析。

感動する舞台を、胸が心が頭がギュッとなる、全身がギュッとなる舞台を、作りたい、そのために、生きる。命をかけて、命を燃やして。それのみやで。マジだ。

私、人生に後悔は無いけれど、扉座と、関口知宏さんとは、知り合いたいな、でっきるだけ早く!!!!!
ああ、本当は、今すぐにだなっ!!!!!
posted by 七味まゆ味 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 七色生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。