2014年06月25日

何故か、起きてしまった。

image.jpeg

サッカー、ちょこちょこ見てしまった。
面白かった。
敗北した人って、なんか魅力的だなぁ、、4年間がんがって、報われなかった悔しさ、、でも、それも紛れもない人生で、、現実で、切なくて好きだなぁ、残酷なドキュメンタリー。
私が観たのは、たった1時間位だったけれど、インタビュー含めて、リアルな物語を魅せてもらえたなぁ。
日本サッカーチームの皆さん、また応援していた皆さんには、同情し、心痛めますが、それが実力なら確かに受け入れるしかないんだなメイビー!
そして、未来に進んでいくんですなぁ!
選手も観客も、みんなで悔しがれて素敵。
でっかいフェスティバルをありがとうですようーっ!!!

さて。
虚構の劇団『ビー・ヒア・ナウ』、深める作業、ってのがどんなに大切か、それをすることでどんなに変わるのか、不思議で感動するし、自分がそこにちゃんと追い付けるのか不安も大きくなるし、もう楽しくて仕方がない。
戯曲から立ち上げるって、なんとも奇跡的なことなんだなぁ。
物語を、人生を、立ち上げる。
自分で考えることと、仲間が考えることと、演出家が考えることの、融合がまた、化学反応して、そこにまだ形はなくて、それが正解なのか、ちゃんと表現になるのか、不安になりながらも、私は信じていて、確信たる希望を胸にドキドキしながら、そしてやはり、先に進まねば、ならない、ああ。
思うだけぢゃ、語るだけぢゃ、表現にしなきゃ、ダメなんだけどもねもちろんっ
作品への、現場への『好き』が溢れて幸せになってしまうんだっ
けれど、幸せになると必ず、幸せぢゃなくなる時のことを考えてしまって、うわわー
ってなるので、コントロール!!!
本番が来てしまうのが、嬉しいのよ、そしてさみしいのよ、時間は過ぎて行く、あああ、青春か?思春期か?だったら良いわよねっ素敵なことだわよねっ

私が一番、ビーヒアナウでいたいっ、いなければっ、そうでなければだって、生きてなんていけない気がするしなぁ。
すぐ不安になっちゃうんだものなぁ。

大きな心で、とらえたい、全てのこと。
愛と感謝があれば、弱さも怖さも辛さも、乗り越えられるような、気がする!
鼓舞鼓舞!!!だぜよっ

ゆっくり眠って、美味しいもの食べて、笑顔で、今日も、仲間と過ごす。

虚構、女子メンバーと、女子会?女子飲み会?したいっ
愛しさが溢れている、時期や!!!

眠いっ
posted by 七味まゆ味 at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 七色生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。今回の虚構の劇団での客演楽しみにしております。
いよいよ折り返してきて、深作健太さんの演出で
鴻上さんの「ビーヒアナウ」が第三舞台とはどう変わっているのか
そ、皆さんが駆け抜けていくのかがとても楽しみです。

楽しい座組の様子、いつもTwitterなどでも
お知らせいただいてありがとうございます。
Posted by こわみばち at 2014年06月25日 08:18
こわばみちさま

コメントありがとうございますっ★
第三舞台の『ビーヒアナウ』をリスペクトしつつ、当然ですが、全く別の作品になっていて、ワクワクしますっ。
もちろん、テーマや情熱はそのままに、今の時代の『ビーヒアナウ』ができあがってきています!!!
どうぞお楽しみにっ(*^^*)!!!
劇場でお会い致しましょうーっ★
Posted by 七味 at 2014年07月04日 06:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。