2014年08月06日

君に胸キュン♪キュン♪♪♪

猫のホテル『愛さずにはいられない』、終演致しました。
真夏の花火のような、たった6日間の公演でしたが、愛しさも切なさも、さまざまに思いを馳せた公演でした。
ご来場頂きました皆様、本当に、ありがとうございました!!!!!

幸福感と感謝の思いしかないのです、が、ヤクザものでしたし、ケジメのためにも、反省文っ
あ〜〜毎度毎度やな〜〜〜だはは〜
本当に、成長しないんだよなぁぁぁ

俳優としての役目を全うできぬ回の己の不甲斐なさ、は、やはりビーヒアの時と同じように、己で受け止めるしかないので、本番中はムダに傷付きながら、それでも戦わねばなるまいですね。本番中なんだから当然やろ
テメェは俳優を名乗ってんだろ
よくもまぁこんな心臓で、立っていられるよやっていられるよボケっ
毛よ五万と生えろってんでぃっっ!!!

こんなに皆様に良くして頂いて、推して頂いて、何をお返しできたのだろうかと、過去はもう、過去、だから、すでに、未来に向けて、未来を現在にしていくために、精進して参ろう、と。

またご一緒したいものね、心から。

やはり一期一会です、感謝しかない。

今この機会を作ってくださった、千葉さんに、感謝。

この作品に出会えて、心から幸せでした。

千葉さんがインタビューで、『七味さんは、懐の深い愛情豊かな芝居をするところに惹かれた』的なことを言ってくださってて、光栄なことこの上ないのだけれど、ああそれに見合うことはできたのだろうか果たして、、と、ああオードリーヘップバーンだったか誰だったかも言ってたけれど、経験?が増えるにつれて、どんどんと不安になっていくものだよなぁ、って、改めて。
好きになるほどに不安になる。
って、恋する乙女ね!
私、ああ、芝居が、好きみたいです、私。
芝居するしかないんだなぁ私。

ツイッターにも書いたけれど、タキコの詰めの甘さはほんまに私で、強いとこも弱いとこも、結局はきっと私で、あああやり甲斐のある、愛さずにはいられない、難解な役でした〜、有難いっ
普段はなかなかできない、こういう芝居をガチでやらせて頂けることは、ほんまに役者冥利に尽きるって、そういうことですね、なんとも楽しかった、さらに演劇が好きになった、です。

やりながら、どんどん芝居がしたくなる芝居だった、なぁぁぁぁぁ

今更、恋しいや。くすんくすん

また、やりたい、出会いたいな、タキコみたいな人間に。

敬意と、愛とを、千葉さんに、猫ホテの皆様に、川本ナオト氏に、松本D輔氏に、関係者の皆様に、そして、お客様に。

幸せな時間を、本当に本当に、ありがとうございました!!!!!

さて、さてさてーーーっ、七味まゆ味、まだまだエネルギッシュにぶっとばしますっ、次回は9月、青蛾館さまの『星の王子さま』ですっ、ヤンバイよーーーーーっ(*^^*)!!!!!
posted by 七味まゆ味 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 七色生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403276670
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。